リバウンドの仕組みと対策

リバウンドは、ダイエットと切っても切れない関係にあります。対策にはどんなものがあるでしょう。

リバウンドの構造を理解することで、対策が立てやすくなります。リバウンド対策を立てるためには、人体とリバウンドとの関係を理解することが大事だといいます。

ダイエットをしようと思い立った時には、ほとんどの場合、食事の量を減らして、運動をしはじめると思います。食事の見直しをしてカロリー過多になりそうな調理法は避け、運動をたくさんするように心がけることがダイエットになります。

ダイエットをしたばかりの頃は、1週間くらい期待通りに体重は減りつづけます。この時はダイエットが順調のように思えており、リバウンドは別世界の話だと思うでしょう。ですが、最初の段階をすぎると急に体重は減りにくくなります。食事を減らし、運動もしているのに、体重の減りが止まるのです。

人間の体にはホメオスタシスという機能があり、体重が減りつづけないように代謝を抑制したり、リバウンドを引き起こしたりします。急激な気温の変化や、カロリー量の減少で生命維持機能を損なわないよう、ホメオスタシスは外部環境に関係なく体温や体脂肪量などを保とうとします。極端に食べ物を減らしたダイエットをすると、体は緊急事態と認識して消費カロリーを極端に減らし体内に残っているエネルギーを貯めようとするのです。

どんなにダイエットをしても体重への影響がわずかたせという人は、ホメオスタシスと関係があるかもしれません。体内にエネルギーを蓄積させておこうと体が頑張るために、その分リバウンドのリスクがアップします。ダイエットをしながらリバウンド対策をするためには、ホメオスタシスが働かないような長期間で取り組めるダイエットをする必要があるのでしょう。

 

 

 

 

リバウンドの対策について

リバウンドは、ダイエットの大敵です。苦労して体重を減らすことができたのに、リバウンドをしてしまっては元も子もありません。

リバウンドは、ダイエットをした以上はどうしても起きてしまうものだとされています。ダイエットをするのであれば、リバウンドは避けては通れないものです。きちんとリバウンドの原因を分析し、対策を練ることが必要です。

リバウンドは、ダイエットと切っても切れない関係にあると考えてもいいのではないでしょうか。わずか数㎏しかリバウンドしなかったという人もいますので、リバウンドの内容は一律のものではありません。

リバウンドしたために、ダイエット前より体重が増えてしまったという人もいます。ダイエットをしなければよかったことになってしまいます。成功したダイエットの効果を維持するためには、リバウンドをしないダイエットを、ダイエット中から意識することです。

ダイエットのスペシャリストの中には、ダイエットを制するにはリバウンドを制する事であると言っている人も少なくありません。リバウンド対策の内容によっては、成功するはずのダイエットが失敗してしまうこともあります。

リバウンド対策は欠かせませんが、具体的な方策としては様々なものがあります。どんなダイエット方法を実践すればリバウンドが発生しづらいのが、事前にリサーチしておくことが対策の第一歩です。

 

 

 

 

 

小児肥満の原因と対策

子供の肥満増加が問題視されている昨今、原因の分析と有効な対策が注目されています。肥満になる子供は、カロリーオーバーが原因です。ファストフードやコンビニ弁当を食べる機会が多かったり、甘い物や揚げ物ばかり食べていると、肥満になるのは当然です。

離乳食の段階からまず果汁の与えすぎに注意しましょう。なるべく薄味で天然だしを利用し、食事は和食を中心に一汁三菜が基本です。肥満の原因にる食べ物には、カレーや丼もののような一品で済む食事や、ファストフードなど子供が喜ぶ食事がありますので、注意してください。

おやつの食べ過ぎ、ジュースの飲み過ぎなどにも気をつけましょう。外で活発に遊ぶ子供の姿は、この頃は少なくなりました。家にこもってゲームをする子供が増えています。ゲームの時間は節度を持って、が大事です。肥満の原因に、体をほとんど動かさない子供が増えてきたことがあります。体を動かす機会を増やすようにしましょう。

子供の心を掴むために、様々なCMをテレビで流すお菓子などもあります。テレビの時間を減らして外で思いっきり遊ぶようにすれば肥満の原因となる運動不足も解消でき、食品の誘惑も避けられて一石二鳥です。

肥満の原因には、食習慣などの時間管理が不規則なこともあります。早寝早起きを実践し、朝食をしっかり食べて、トイレも毎日きちんと済ませるというサイクルを確立すれば、子供の肥満防止になります。健康的な生活と、栄養バランスのとれた適度な食事が、子供の肥満対策に有効です。肥満の原因が大人にあることもありますので、確認してみてください。

 

 

 

 

肥満が原因で起こる病気

最近は、日本人でも肥満になる人が少なくなりません。幾つかの疾患は肥満が原因だと言われています。

体を支える骨や筋肉は、年齢を重ねるにつれて減っていくという性質があります。肥満が加わると骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こす原因になります。体重を支える骨や関節は、肥満などで負荷が大きくなれ転びやすくなり、骨折の原因になります。

また、肥満は睡眠時無呼吸症候群の原因になったり、脂肪肝やすい炎の原因になったり、痛風が起きやすくなるなど、様々な病気を引きおこします。肥満は、がんにかかりやすいとも言われています。前立腺がん、乳がん、大腸がん、子宮がんなどが肥満と関連深いがんです。

肥満になるとまずかかりやすくなるのが、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。メタボリックシンドロームは、生活習慣病の原因となる状態であるとされています。肥満を放置していると生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたりして動脈硬化の原因となります。

心臓や脳を傷つけて命を落としてしまうようなことにならないように、早くに対策を講じましょう。欧米人より、日本人は体質的にインスリン分泌量が少ないという特性がありますので、肥満が生活習慣病に直結しやすいというリスクがあります。肥満の原因にしっかり対策を講じておくことによって、健康改善効果を得ることができるのです。

 

 

 

 

肥満の原因について

なぜ肥満体型になったのかを探り、その原因に対して対策を講じることが、肥満解消のコツです。

肥満の理由は様々です。そのため、原因除去の手段も人によって違います。肥満を解消するためには、肥満の原因を明確にし、原因をなくすためにはどんな取り組みが必要になるかを考えることが大事です。

肥満の原因の1つが暴飲暴食による摂取カロリーオーバーです。お肉や甘いもの、アルコール類などの過剰摂取や不規則な時間帯の食事は肥満の原因になります。

原因の一つとしてあげられるものが、基礎代謝が下がることです。基礎代謝とは、生きていくために体が必要としているエネルギー量のことで、じっとしていても消費されるカロリーのことです。基礎代謝は、年齢や普段の運動不足によって低下します。基礎代謝が下がると脂肪の燃焼がしづらくなります。

便秘も肥満の原因になります。大腸を通るものは、食べたものから必要な栄養を胃や少々で吸収した残りになります。一旦腸に送ったものでも、なかなか排出されないと大腸で脂質や糖分が改めて吸収され、体の中を巡るようになります。便秘が肥満の原因になってしまうのです。

ホルモンや自律神経の乱れも肥満の原因になりやすいといいます。気持ちが原因となり、ホルモンバランスを損ねたり自律神経が失調するなどして、カロリーの吸収率が急に上がったりします。ミネラルの少ない食事をすることが、肥満につながる場合もあります。

洋風の食事のために、肥満が増加することも指摘されています。肥満の原因を見つけ出し、自分に合った肥満対策方法を決めることが重要になっています。