肥満が原因で起こる病気

最近は、日本人でも肥満になる人が少なくなりません。幾つかの疾患は肥満が原因だと言われています。

体を支える骨や筋肉は、年齢を重ねるにつれて減っていくという性質があります。肥満が加わると骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こす原因になります。体重を支える骨や関節は、肥満などで負荷が大きくなれ転びやすくなり、骨折の原因になります。

また、肥満は睡眠時無呼吸症候群の原因になったり、脂肪肝やすい炎の原因になったり、痛風が起きやすくなるなど、様々な病気を引きおこします。肥満は、がんにかかりやすいとも言われています。前立腺がん、乳がん、大腸がん、子宮がんなどが肥満と関連深いがんです。

肥満になるとまずかかりやすくなるのが、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。メタボリックシンドロームは、生活習慣病の原因となる状態であるとされています。肥満を放置していると生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたりして動脈硬化の原因となります。

心臓や脳を傷つけて命を落としてしまうようなことにならないように、早くに対策を講じましょう。欧米人より、日本人は体質的にインスリン分泌量が少ないという特性がありますので、肥満が生活習慣病に直結しやすいというリスクがあります。肥満の原因にしっかり対策を講じておくことによって、健康改善効果を得ることができるのです。

 

 

 

 

肥満の原因について

なぜ肥満体型になったのかを探り、その原因に対して対策を講じることが、肥満解消のコツです。

肥満の理由は様々です。そのため、原因除去の手段も人によって違います。肥満を解消するためには、肥満の原因を明確にし、原因をなくすためにはどんな取り組みが必要になるかを考えることが大事です。

肥満の原因の1つが暴飲暴食による摂取カロリーオーバーです。お肉や甘いもの、アルコール類などの過剰摂取や不規則な時間帯の食事は肥満の原因になります。

原因の一つとしてあげられるものが、基礎代謝が下がることです。基礎代謝とは、生きていくために体が必要としているエネルギー量のことで、じっとしていても消費されるカロリーのことです。基礎代謝は、年齢や普段の運動不足によって低下します。基礎代謝が下がると脂肪の燃焼がしづらくなります。

便秘も肥満の原因になります。大腸を通るものは、食べたものから必要な栄養を胃や少々で吸収した残りになります。一旦腸に送ったものでも、なかなか排出されないと大腸で脂質や糖分が改めて吸収され、体の中を巡るようになります。便秘が肥満の原因になってしまうのです。

ホルモンや自律神経の乱れも肥満の原因になりやすいといいます。気持ちが原因となり、ホルモンバランスを損ねたり自律神経が失調するなどして、カロリーの吸収率が急に上がったりします。ミネラルの少ない食事をすることが、肥満につながる場合もあります。

洋風の食事のために、肥満が増加することも指摘されています。肥満の原因を見つけ出し、自分に合った肥満対策方法を決めることが重要になっています。